介護はそれぞれの考えがありますが、現実はどうなるのか?

介護は仕事に影響するのか?

家族に自力で生活を送れない人が居ると、自分が面倒見ないといけないという責任感が出るでしょう。介護が必要なレベルまでに落ちた場合は余計に自分がしないといけないと自覚しますよね。自分一人で介護するのではなく、家族がいれば交代で面倒見た方がいいですが、家族の場合は離れ離れに生活していると近場の人ばかりに負担掛かりがちです。若い人の場合は仕事もしながら介護すると、仕事にも多少影響を及ぼしがちです。介護レベルが上がると、肉体的疲労も大きくなります。

もし自分が介護しないといけなくなったら?

被介護者には家族がいますが、近くに入る人だけがずっと面倒を見る事が多いです。仕事していると、仕事でいない間は誰に相談して、介護をどう進めば良いのかを相談します。一人で悩んでしまうと、後で苦しむ事になりそうです。自分の親が介護が必要になったら、まずは周りに相談する事を進められます。一人でやると介護はゴールが見えないので、自分で自分の首を絞めかねない事態になってしまいます。そうならないうちに、手を打つ必要があります。

介護は横の関係が重要?

介護をすると、医療機関や自治体との連携が重要になります。お金の問題もありますが、日常生活を送るのが困難になった場合は介護施設に入れる事も検討課題として挙がります。介護施設に預けるとなると、被介護者とっては精神的不安が増すのではないか心配になるでしょう。日常生活が劇的に変わるため、より症状が悪化する恐れがあるのも事実です。今まで通りに日常生活を送らせてはどうかという話になりますが、リスクが伴います。介護は一人でやるよりは、支援者を交えて交代で介護し、面倒を見た方がスムーズに行くでしょう。

介護に就職するにはホームヘルパー2級の資格を持っているのが望ましく、求人の必要条件に指定されている場合が殆どです。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。