どのタイプで働く?短期バイトと長期バイトのメリットとデメリット!

短期バイトと長期バイトとは

バイトには大きく分けて2種類あることを知っていますか?1日~1カ月程度の期間働く短期バイトと、長期にわたって同じ場所で働く長期バイトがあるんですよ。でも長期のバイトは何となくわかるけれど、短期っていったいどんな仕事があるの?と疑問に思う人もいますよね。短期のバイトは主にビラ配りやイベントの設置、忙しい時期の工場やお店の手伝いなどいろいろな仕事があるんですよ。バイトを探すときは自分のニーズに合わせて、長期で働くか短期で働くか決めるといいですよね。

短期バイトのメリットとデメリットとは?

短期バイトのいい点は空いた時間にちょっとだけ働くことが出来るという点です。その為普段は学業が忙しい人や、社会人の副業としても人気なんですよ。他にも今月もう少しお金が必要といった人も、短期バイトを利用しています。ただ短期のバイトはいつもある訳ではないので、働きたい時に仕事がないなんて言うこともよくあるんですよ。その為収入が安定しないというデメリットもあります。その点を考慮すると短期バイトで生計を立てようとはせず、あくまでもサブ的に利用するといいですよね。

長期バイトのメリットとデメリットとは?

長期バイトのメリットはやはり安定ですよね。一つのところで長時間働くので決まったときに仕事を行うため、ある程度安定して収入があるという点や、長く働いていると給料も上がる場合もあるのでその点がいいところと言えますよね。また半年以上働くと条件を満たせば、有給休暇を取得する権利が与えられるのもメリットの一つですよ。ただやはり決まったときに仕事をしなければいけないので、拘束されることも多いですし、長く働いていればそれなりに責任も伴ってくる場合もありますよね。そういった点がデメリットではないでしょうか。

販売の仕事はお客様と直に接する仕事内容なので、言葉遣いやマナーをはじめ接客態度などがとても大事になります。そのため、販売の求人なら接客に関する多くのことを学ぶことができます。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。