産業医の働き方によって募集している場所が異なる

産業医として病院で働く

最も一般的な就任先として、病院があります。選択肢が、病院の規模や専門性や独自性によって広がります。常勤就任先として以外でも、午前中に非常勤として女性医師が限られた時間で働けるようにしていたり、当直をアルバイトで勤務する人もいます。400床以上の病院になると、高機能病院として大学病院や国立病院等が含まれます。100床から399床の一般病院は、地域に根差した医療を行っている所が多いです。100床以下の病院は、専門領域に特化している所が多くあります。

クリニックに産業医で働く

常勤で就任する場合となりますと、主に大別が開業や継承や勤務医とされています。役割がかかりつけ医として地域医療に根付いて高く求められていて、常勤または定期非常勤としてスポットよりも曜日を固定した求人が多く出ています。最近の働き方としては数名の医師で訪問診療を担当しているケースもあり、オンコールを持ち回りで担当するケースが多いですのが訪問診療です。常勤より非常勤として働きたい方には、お勧めな働き方になります。

健診機関で産業医で働く

主な業務は、予防医学と健康管理医学になります。健診施設内や人間ドックでは常勤での就任が多くなり、読影可能な方やマンモグラフィ認定資格や産業医認定資格を持っている方が望まれているのが多くなっています。オンコールがなく日常帯のみになっていますのが特徴で、高い対応力能力がのぞまれているのが対象がお客様になるからです。繁盛期と閑散期があり、有効活用しやすく空いている日をアルバイト先として使えるのも特徴になります。

産業医の募集は、現在ニーズが高まっています。うつ抑制のための社員意識調査の推進とその対応を企業に義務付けているためです。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。