主婦にも人気の介護士!介護士の資格を取得する方法!

介護士は人材不足のため求人が多い!

介護業界は慢性的な人材不足です。高齢化社会が進み、介護士はますます需要が高まっている仕事です。介護士は重労働で不規則な勤務、賃金はとてもじゃないけど高給与とはいえません。そのため介護士の資格を持っていても、現実的に厳しかったり、結婚出産といった家庭の状況によって、勤務を続けていく事が困難になってしまう場合があります。そのため介護士不足は現在の日本ではとても深刻な問題になっています。そのため外国人の介護士派遣という制度もあります。

介護士の資格を取得するには!?

介護士の資格にはヘルパー、介護福祉士、ケアマネージャーといった種類があります。比較的すぐに資格を取得する事が出来るのはヘルパーの資格です。ヘルパーは通信教育で資格を取得する事が可能です。介護士を目指してから数ヶ月で介護士になる事が可能になります。介護福祉士は専門学校に通うか、介護士として病院や施設等で数年勤務する事で、介護福祉士の資格試験を受験する事が可能です。介護福祉士になってからはケアマネージャーへの道に進む事も可能になります。

子育てを終えた主婦にも人気な介護士!

上記でも記載したように、ヘルパーの資格は通信教育でも取得が可能で、介護士の需要が高まっているので求人の量は多いです。介護士は何歳からでも資格を取得する事が可能で、自分自身の体力次第で定年まで働く事が出来ます。そのため子育てを終えて自分の時間が出来た主婦にも人気があります。介護士はお年寄りと触れ合う仕事なので、主婦だった経験からも仕事に役立つ事はたくさんあるでしょう。常勤の場合は早番や夜勤があるので、体力に自身がない方はパートで勤務する事も出来ます。

介護の求人の条件にこだわりたいときには、複数の老人ホームやデイサービス事業所の働き方に注目をすることが大事です。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。